2017年12月31日

本年もありがとうございました

あっという間に、365日が過ぎ、2017年も大晦日を迎えることができました。このブログがつづけられましたのも、お読みいただいているみなさまのおかげとひとえに感謝している次第です。





本年最後の行事として、Adobeのフォトプランの延長作業を行いました。






コレ↓↓








ホントはAmazonのサイバーマンデーのときに、Amazonで買おうとも思っていたのですが、ポイント交換の魅力に負け、今回もビックカメラで購入しました。







ホントは、フォトプランにIllustratorもつけて購入しようと思ったのですが、年末にかけてチョット出費が重なったというのもありまして、今回も前回と同様、フォトプランだけにしました。






Adobeのフォトプラン+Illustratorはコレ↓↓







去年も思ったことですが、カードの裏面の銀色をゴシゴシするところは、銀色がけっこう飛び散りやすいといいますか、コインについた銀色がテーブルをけっこう汚し、くっついちゃって、拭いてもなかなか取れなかったりして、またやっちまったーっ!というかんじになりますので、みなさま、ゴシゴシされる際には下に紙かなにかを敷いてやられたほうがいいと思います。








カードの裏面↓↓
Adobeフォトプランカード裏面.jpg







期間の延長方法ですが、Adobeのホームページからログインして、AdobeIDとパスワードを入力し、「アカウント管理」を選択します。




ログイン↓↓
Adobeログイン.jpg






アカウント管理↓↓
アカウント管理.jpg






画面が変わり、左上のプランおよび製品の項目の「プランを管理」をクリック↓↓
プランを管理.jpg







お支払いの詳細という項目にある「コードを引き換える」を選択すると、銀色を剥いだところに書いてあるコードを入力する画面が出てきます↓↓
コードを引き換える.jpg




そしてコレ↓↓
引き換えコードを入力.jpg





キチンと入力できれば、期間が1年間延長されます。







購入後30日以内に有効化してくださいというふうな記載がカード入れというかカードを包んでいるケースにありましたが、どうやってコレを判断しているのかチョット不思議な気もします。いずれにせよ、ワタシの場合、期間ギリギリで購入していますので、Photoshopなどを立ち上げると「残り何日です」みたいなアラート画面が一緒に立ち上がってきていましたので、あまり関係のない話なのですが、早めに購入された方でアクティベーションをし忘れちゃった場合、どうなっちゃうのでしょうねー?






いずれにせよ、これで来年も一年Adobeのフォトプランを使うことができるようになりました。







写真を撮るワタシ、そしてブログを書くワタシには、フォトプランはとても重要なアプリとなります。まあ、Lightroomはあまり使っていませんが、使いたいときにないと困るアプリではありますので、月に980円の出費は致し方のないものと考えています。







そんなわけで、ことし最後の記事はAdobeのフォトプランのアクティベーションの話でした。







本年もありがとうございました。本日が本年最後の記事となります。来年もよろしくお願い致します。新しい年がみなさまにとって幸多き年となりますようお祈りしております。よいお年をお迎えくださいませ。













posted by ☆☆PIKO☆☆ at 19:00 | Comment(0) | コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: