デル株式会社

2017年02月01日

【星空撮影】D7200@大山千枚田

今年一発目の遠征に行ってきました。そして、ニコンのD7200では初の星空撮影となります。

D7200はコレ↓↓


1月25日はちょうど新月にあたり、星空撮影には絶好のタイミング。あとは、夜、晴れるかどうかといったところです。去年は天候に恵まれず、遠征も失敗に終わっていましたが、今年は、さい先よく行きたいところです。

場所は千葉県の鴨川市にある大山千枚田。

大山千枚田は房総半島の山間部に位置し、東京から一番近い棚田として知られています。

現地に着いたのは午後5時前でした。

ちょうど夕暮れときのいわゆるマジックアワーの時間帯。

クルマを駐車場において、あぜ道を登っていくと棚田倶楽部という建物があります。そこの裏手側は高台で眺望がよく、東西の両方向が開けており、眺望を楽しむことができます。

なお、2017年1月28日現在、駐車場ではトイレが造成中でした。早く完成するといいですねー。

三脚を組み立て、カメラを準備しながら、沈みゆく太陽を楽しみました。

マジックアワー↓↓
マジックアワー.jpg

ブルーアワー↓↓
ブルーアワー.jpg


夜のとばりが降りると寒さが身にしみます。一枚多く着込んで、撮影を開始しました。

今回はトキナーの広角レンズ、AT-X116PROUとマンフロットのBefreeカーボンファイバー三脚を使いました。レリーズも持っていきましたねー。

レンズはコレ↓↓


三脚はコレ↓↓


レリーズはコレ↓↓


レリーズは純正がオススメです。以前サードパーティー製のものを購入したことがあるのですが、シャッターが切れないというトラブルがありました。いまは、改善されているのかもしれませんが、現場に行って動かないと、かなり動揺しますので、動作保証のついた純正品がオススメです。

一番星は、西の空に火星か金星でした。どっちだかわかりませんが、大きく輝いていましたねー。まだ明るかったので、あまり輝きをかんじませんが、これくらい明るいとピント合わせの基準になりますね。

一番星↓↓
一番星.jpg

ちょっと薄曇りですが、なんとか撮影はできそうでした。雲の切れ間から少し星が見えます。

コレ↓↓
オリオン座.jpg

オリオン座が見えますね。

ふだんの設定だとちょっと明るかったので、今回は設定を見直しました。

こんなかんじ。

1.マニュアルモード、マニュアルフォーカス
2.開放F値(今回の場合F2.8)
3.ISO1600
4.SS15"

レンズは一番広角端にします。暗い中でピントを合わせるのはけっこう難しいです。目安として、∞マークのところに合わせるとピントがほぼ合ってるかんじです。回しすぎると、∞マークを通り過ぎてしまうので、注意しましょう。

ふだんはISO3200、SS30"で撮っているのですが、これで撮ったら白くなってしまったので、上記の設定に切り替えました。

白くなっちゃった写真はコレ↓↓
30秒.jpg


田んぼのあぜ道には田んぼに入れないように電気柵がしてあります。触ると通電するらしいので、気をつけました。みなさまもいらっしゃるときは気をつけてくださいネ。

撮影場所から一段下がったところから西の空を撮影してみました。

コレ↓↓
西の空.jpg

下に降りると街路灯がジャマをしますが、暗さはまあまあですね。待っていれば天の川もあがってきたのかもしれません。今回は撤収しましたが、次回訪れるは天の川の撮影にもチャレンジしてみたいと思います。

東京からのアクセスも悪くなく、クルマで2時間かからないくらいですね。コンビニや商店などは近くにないので、行きに買ってきたほうがいいですよ。ただ、くれぐれもゴミを散らかして帰ったりしないでくださいね。ワタシのブログでも、場所の紹介ができなくなってしまいますので、マナーを守って、撮影しましょう。

もっといい場所があれば、ぜひ、教えてくださいネ。








posted by ☆☆PIKO☆☆ at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。