2019年02月06日

王ヶ頭ホテル

王ヶ頭ホテルは長野県の美ヶ原にある山の上の一軒宿です。美ヶ原は長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳中信高原国定公園の一部で、王ヶ頭や王ヶ鼻、茶臼山など、2000メートル級のピークがいくつかあります。

王ヶ頭ホテルエントランス↓↓
王ヶ頭ホテルエントランス.jpg

王ヶ頭ホテル周辺は自然保護区域に指定されており、いわゆるマイカー規制の区域内ということで、ホテルでは松本駅からシャトルバスが運行されています。年末はそんな自然にあふれる王ヶ頭ホテルにお世話になりました。

JR松本駅の標高が800メートルほどということで、1200メートルほど山をあがっていくことになります。100メートルあがると気温は0.6度下がります。ワタシが松本駅に到着したときの気温は2度ほどだったと記憶しています。駅に大きなデジタル気温計があり、たしかそれくらいの温度だったと思います。写真を撮っておけばよかったのですが、実はけっこうな大荷物で、余裕がなく、写真を撮り忘れていました。

2017年末に訪れた千畳敷カールでは日中の撮影であったにもかかわらず、相当寒い思いをしました。



標高が2000メートルを超えているということで、気温が非常に低いであろうことが予想されたため、昨年の教訓もあり、いろいろと防寒グッズを購入しました。

まず、足下はソレルのカリブー↓↓


平昌オリンピックで一躍脚光を浴びたスノーブーツのようですが、カナダではとても有名なブーツのメーカーです。ソレルのホームページによれば使用限界温度は目安でマイナス40度のことですが、正直、このブーツを履いて、中厚手のアルパインソックスをはいていても、足下はかなり冷えました。

パンツはコロンビアのオレータフォレスト↓↓


綿の入ったパンツです。下にはトレッキング用のストッキングをはき、うえにはモンベルのレインパンツをはき、ウインドブレーカー代わりにしましたが、ほぼ、効果なく、寒さにはかないませんでした。

うえは防寒用のロングTのうえに、スキー用の防寒トレーナーを着て、さらに、MILLETのポベダで防寒しました。

ポベダはコレ↓↓


首もとももちろんネックウォーマーで防寒していましたが、風が冷たく、なすすべなしといったかんじでした。

日中はなんとか持ちこたえることができましたが、日が落ちると風の強さも相まって、体感気温は非常に低い状態でした。ホテルの喫煙所付近に温度計が置いてあり、温度計は氷点下12度を指していましたが、体感的にはそれよりずーっと寒いかんじでした。ちなみにホテルに到着した午後2時ころは氷点下8度ほど。実際、北海道とどっちが寒いかと問われれば、ワタシは、間違いなく、王ヶ頭ホテルと答えます。それくらい寒かったです。

王ヶ頭ホテルではホテル主催のツアーをいくつも開催しており、ホテルの方が、王ヶ頭から見える景色を案内してくれ、こどもも大人も飽きずにいられます。王ヶ頭ホテルから見ることができる山々はもとより、星空ツアーや雪上車に乗るツアーもありました。

王ヶ鼻↓↓
王ヶ鼻.jpg

美ヶ原のカンバン↓↓
美ヶ原カンバン.jpg

絞って太陽を撮るとキレイな光芒が出ました↓↓
光芒.jpg

北アルプス?↓↓
山.jpg

北アルプス.jpg


ワタシが訪れた年末は雪がさほどなく、雪上車には乗ることができませんでしたが、星を見るには絶好のタイミングでした。というのも、その日は月の出が深夜の0時過ぎということで、夕日が落ちると同時にすばらしい星空を見ることができるタイミングのハズでしたが、残念なことに、日没の時刻付近で雲というか霧というか空がかすんでしまい、星空撮影はムリかなーと思いながら、美味しい夕食を済ませ、いったん部屋に戻り、少しして、部屋の窓から外を見ると、真正面に星が見える状況でした。

さっそく、重たい思いをして持ってきたニコンのD850にシグマの14mmの広角単焦点レンズをつけ、D7200 にはトキナーのAT-X 116 PRO DXUをつけ、三脚も2本持ち、外へ出ました。ちなみに、王ヶ頭ホテルではベンチコートの貸し出しをしており、ワタシは借りませんでしたが、妻はそれを借りてきていました。感想を聞くと、かなり大丈夫ということでしたので、やはりお尻まで隠れるベンチコートも用意するべきたとかんじた次第でした。

室内は暖かく、屋外はとても寒い。ということで、レンズヒーターも用意し、モバイルバッテリーも持って、外へ出たのですが、肝心の赤灯のつくヘッドライトを部屋に置いてきてしまい、大失敗でした。王ヶ頭ホテルは玄関で靴を脱いで部屋に入るタイプのホテルでして、カリブーを脱ぐのが面倒だということもあり、けっきょく、自力でピント合わせをすることにしました。

レンズヒーターはコレ↓↓


モバイルバッテリーはコレ↓↓


部屋に忘れたヘッドライトはコレ↓↓




ちょっと肝心なことをいうと、まず、グローブはないと凍傷になります。それから、室内から屋外へカメラを持ち出すと、鏡筒が曇ることがあり、曇りを取るのに30分くらい放置する必要があったりします。レンズヒーターがあれば、もう少し早く、撮影できるようになると思いますが、口径の大きな広角レンズを使うためには、それなりの長さのレンズヒーターが必要になります。口径×3.14以上の長さが必要ということになりますね。そしてもうひとつ。アルミの三脚は素手で触ると手にくっついてしまうくらい冷たくなります。金額は高くなりますが、重量も軽くなるので、できればカーボンファイバー製の三脚を選ばれるとよろしいかと思います。


王ヶ頭ホテルの周辺にはテレビやラジオの放送用アンテナが立っており、そこにピントを合わせるとよかったのですが、寒い中、そして手元灯もない状態で、キチンとピントを合わせるのがとても難しく、D850については完全に失敗作となってしまいました。失敗の元となったのは、ライブビューの拡大機能を使わず、確認を怠ったことに起因します。ただ、いいわけなのですが、ヘッドライトやiPhoneもない状態で、どこにどのボタンがあるのかを視認するのも難しく、小さな液晶ディスプレイに映し出された星の写真を見て満足してしまったというところが、今回の失敗につながりました。つぎに撮影に行くときは、このことを肝に銘じて撮影にあたりたいと思います。

それからちょっとオドロキの部分もありました。ふだん、D5300やD7200を使って撮影する場合、IS03200、シャッター速度は30秒と決め、撮影していましたが、フルサイズで高感度に強いD850では、その設定では明るすぎ、周りが白く飛んでしまいます。ということで、ISOを1600、シャッター速度を15秒にして撮影してみましたが、ピントさえ合っていれば十分な状態でした。ふだんの設定の半分の半分ということで、ちょっとこのあたりはフルサイズのスゴさといいますか、D850のスゴさに驚かされるばかりでした。お恥ずかしい限りですが、失敗写真を少し見ていただければと思います。

D850での失敗例↓↓
ピンボケ明るすぎ.jpg

ISO1600↓↓
ISO1600.jpg

ISO1600、SS15秒↓↓
SS15.jpg

ニコンD850はコレ↓↓


シグマの14mm F1.8はコレ↓↓



D7200については、なんとかキレイな写真を撮ることができましたので、それだけは救いでした。重たい機材を持ち、行った甲斐がありました。

D7200で撮影した王ヶ頭ホテルの星空↓↓
7200-6.jpg

7200-3.jpg

7200-5.jpg

ニコンD7200はコレ↓↓


トキナーのAT-X 116 PRO DXUはコレ↓↓



1時間ほど撮影していましたが、限界でした。体感温度はおそらくマイナス20度くらい。撮影をして、撤収するときには、つま先から指先まで硬直してしまって、身動きするのも大変な状態でした。

車山高原で撮影したときの記事



部屋に戻り、機材をテーブルの上に置くと、カメラもレンズも凍っており、しっかりと拭き取らないと、湿気ってしまいそうなかんじでしたので、タオルの上に機材を置き、お風呂に入っている間に自然乾燥させました。

夏場になると天の川がバッチリと撮れると思いますので、次回はぜひ、リベンジもかねて夏場にお邪魔したいと思います。夏場でも日が落ちるとかなり冷え込むことが予想されますので、みなさまも訪れるときは、十分に防寒対策をして、撮影をお楽しみください。





posted by ☆☆PIKO☆☆ at 19:00 | Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

【DELL】XPS13を使ってみる

首を長くして待っていたDELLのXPS13が届きました。

購入契約をしたときの記事↓↓



以前にも書きましたが、仕様は以下の通り。
CPU・・・第8世代インテルCore i5-8250U
OS・・・Windows 10 Home 64ビット
メモリ・・・8GB
ストーレージ・・・256GB PCIe SSD
ディスプレイ・・・IPSパネル13.3インチ 4K Ultra HD(3840×2160)

ということで、まずはアンボックスから。
届いた段ボール箱はそれほど小さいかんじはしませんでしたが、段ボールを開けてちょっとビックリ。かなり小さく、薄いかんじです。

箱↓↓
箱01.jpg

比較で体長8cmのダンボーミニを置いてみましたが、ちょっとわかりにくいでしょうか?

ダンボーミニはコレ↓↓


立ててみました↓↓
箱02.jpg

側面↓↓
箱03.jpg

封を切りました↓↓
箱04.jpg

段ボールの中身↓↓
開梱01.jpg

比較にiPadAir2の箱を置いてみましたが、さすがにそこまで小さくはなく、それと比べると、やはりまあまあ大きいかなーというところですが、それでもかなり小さい印象です。

iPadAir2との比較↓↓
比較.jpg

それではXPS13の箱を開けます↓↓
開梱02.jpg

中身を並べてみました↓↓
開封02.jpg

同梱物↓↓
同梱物.jpg

外観で勘違いしていたところがありました。ワタシは、USB-Cポートが左にふたつ、右にひとつしかポートがないと思っていたのですが、左側にはセキュリティケーブルポートがあり、右側にはイヤホンジャックとマイクロSDカードスロットがついていました。なお、セキュリティケーブルポートについて調べると、DELLのPCについては、ノーブルというタイプのセキュリティケーブルポートのようで、まあ、私は使わないとは思うのですが、購入には注意が必要です。

左サイド↓↓
本体左サイド.jpg

右サイド↓↓
本体右サイド.jpg

マイクロSDカードが使えるということは、GoProとかで撮影した動画をすぐに取り込むことができるので、非常に助かります。また、左サイドにあるバッテリーチャージステイタスボタンを押すと、その隣に並んだ5つの丸が光ります。ワタシが押してみたときは満充電の状態でしたので、5つのライトが光りましたが、おそらくバッテリーがなくなってくると、これがひとつずつ点灯が減っていくものだと思われます。

背面には放熱用のスリットがあります↓↓
本体背面.jpg

購入契約をしたときの書類をしっかりと読んでいなかったので、付属品として、USB-C to USB-Aのケーブルが付属していることにはちょっとうれしい驚きでしたが、ないと思い込んでいたので、USB PDとSDカードのささるUSB-Cハブを購入してしまいましたので、これはこれでちょっと使っていきたいと思います。

付属のUSB-C to USB-A変換アダプター↓↓
USB-C変換アダプター.jpg

袋に入っていましたが、中国語でしょうか?読めません↓↓
変換アダプター.jpg

購入したAnkerのUSB PDはコレ↓↓



とりあえず、電源ケーブルをつないで、XPS13をブートさせます。

電源↓↓
電源.jpg

電源ケーブル↓↓
電源ケーブル.jpg

電源と電源ケーブルをつなぐと、USB-Cケーブルが光ります↓↓
電気が光る.jpg

電源ボタンはココです↓↓
電源ボタン.jpg

インテルCore i5のシール↓↓
i5.jpg


はじめのはじめということで、過去のノートを探して、Microsoftアカウントを作成していたことがわかり、それを使って初期セットアップ。割と時間がかかりました。

まず、お約束のリカバリーメディアの作成。付属のUSB-C to USB-Aケーブルを使い、アマゾンで購入したTranscendのUSBメモリ32GBをさして、小一時間かかったでしょうか?いろいろな方のブログを拝見すると、すぐ終わったという方もいらっしゃいますし、かなり時間がかかったという方もおり、このへんは、メディアの性能や相性とかも関係しているのかもしれません。

リカバリーメディア作成中↓↓
リカバリーメディア作成中.jpg

USBメモリはコレ↓↓



ワタシが購入したXPS13はマイクロソフトのOfficeをつけていないので、ほぼほぼアプリの入っていない裸の状態です。それでも使わなさそうなアプリがいくつもありましたので、とりあえず、アンインストールからはじめました。そのあと、NOVOOのUSB-Cハブを使い、ブルーレイドライブを取り付け、ATOK2016をインストールしました。Windowsはマイクロソフト製品ですので、Officeはありませんが、OneNoteはついています。OneNoteもそれなりに使いやすいのですが、文字数をカウントすることができません。Evernoteでもよかったのですが、なにかいいものはないかと探していると、Dropbox PaperというWebアプリの記事にぶつかりました。おもしろそうなので、ちょっと使ってみることにしました。Webアプリですから、書いた記事もDropboxに自動的に保存されるのだと思います。ちょっと便利そうなので、しばらく使ってみたいと思います。

NOVOOのUSB-Cハブはコレ↓↓



今回購入したXPS13はMacBookProのサブ機として購入しましたが、フルキーボードは非常に使いやすく、タイピングも非常にしやすいですので、ブログを書いたりするのにも非常に重宝しそうです。いま、まさにXPS13で記事を書いている最中ですが、キーピッチもワタシの手に合うといいますか、メインマシンとして使っているMacBookPro15インチと同じくらいのキーピッチではないでしょうか?とても打ちやすいです。スケールを当ててちょっと計ってみたところ、MacBookPro15インチが270mm、XPS13が26.5mmとほぼ一緒。打ちなれているキーボードとほぼ、同じサイズということで、このあたりはかなり好印象なかんじです。

ディスプレイは13インチですが、4K表示のできるディスプレイです。デフォルトでは表示サイズは300%で推奨となっていますが、画面を広く使いたいワタシは、見るのにつらくない拡大率として、175%を選びました。ちなみに100%表示にすると、笑っちゃうくらい小さくて、ほとんど見えません。150%でもいいかなと思ったのですが、若干小さく、文字も読みにくいというのがあり、175%を選びました。

ホントはウェブサイトとかを表示してスクリーンショットを撮るとよかったのかもしれませんが、そこまで頭が回らず。とりあえず、デスクトップアイコンと、タスクバーの大きさを見てください。

推奨の300%表示↓↓
300%.jpg

ほぼ見えないくらいの大きさになる100%表示↓↓
100%.jpg

ちょっと見にくい150%表示↓↓
150%.jpg

ワタシが選択したサイズの175%表示↓↓
175%.jpg

ディスプレイはIPS液晶で、画素密度は331PPIもあるそうで、175%表示で文字を打っていても見にくさはありません。メインで使っているMacBookPro15インチが220PPIなのだそうで、XPS13のほうがさらに細かく見ることができるということになります。こうなると、Adobeのフォトプランをもう1ライセンス追加したくなってきます。なお、アマゾンなどではフォトプランはクラウドストーレージが1TBついたプランしか購入できなくなっているようですが、ビックカメラのオンラインストアではダウンロード版で12ヶ月版が購入することができ、ポイントもつくので、オトクに購入できるようです。ワタシは、それに気づく前に月々払いのプランに移行してしまったので、ちょっと失敗したかんじでした。

Adobeフォトプラン↓↓


Windows10ではJPEGファイルはフォトというアプリで開くようですが、RAWファイルは開けませんでしたMacでいうところのファインダー上でブラウズもでき、ふつうに開くこともできました。とりあえず、ニコンのアプリを落として見るようにしようかと思っていますが、やはり、必要に応じて現像等もするようになるのだと思います。やはりAdobeのフォトプランを追加というのが現実的な選択になるのでしょうか?


ちょっとよくわからなかったのはユーザー登録の方法です。背面に文字が羅列してあるのですが、ウェブサイトにそれを入れてもエラーになってしまい、先に進みませんでした。時間のあるときにサポセンに電話して聞いてみたいと思いますが、とくにほかにシールが貼ってあるわけでもなく、ちょっとよくわかりませんでした。保証の関係とかにも関係が出てくると思いますので、ちょっと時間を作ってやっていきたいと思います。あと、マカフィーのセキュリティーもイマイチよくわからなかったので、このあたりも聞いてみたいと思います。おそらくアクティベーションはされているのだと思いますが、コレもちょっとよくわかりませんでした。


久しぶりのWindows機ということで、扱えるかどうかちょっと不安な部分もありましたが、現段階では概ね良好です。ログイン時の顔認証も便利ですし、SSDですので、ブートも早い。動画の編集などについてはよくわかりませんが、ワタシのようにブログを書いたりとか、写真を閲覧したりするくらいの作業では、オーバースペック気味なのかもしれません。これからちょっとずつ設定もいじりながら、さらに使いやすい環境にしてきたいと思います。








ラベル:xps13 DELL デル 4K
posted by ☆☆PIKO☆☆ at 19:00 | Comment(0) | コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

DELL XPS13がくるー!

デルのオーダーメイド製品納期お問い合わせ窓口に問い合わせた2日後、デルからメールがきました。

コレ↓↓
配送メール.jpg

お届け予定日は2019年2月5日ということで、配送予定の最終日の記載がありました。追跡番号がついていて、デリバリープロバイダーは佐川急便とのこと。この記事を書いている段階では、佐川急便のお問い合わせサイトには荷物の登録がなく、どこからくるのか?いつ届くのか?といった具体的な情報はなく、ただただ首を長くして待つしかない状況ですが、例えば、東京で荷受けした場合、翌日には届くような気もしないでもなく、こればかりは情報が出るのを待つしかないといった状況です。

インジケーター↓↓
配送詳細.jpg

佐川急便のサイト配達記録↓↓
佐川の詳細.jpg


アマゾンからもまだUSBメモリーが届いておらず、仮に今日届いたとしても、リカバリーメディアも作れないので、まあ、こちらも待ちの状況ですね。

USBメモリはコレ↓↓




そもそも、Windowsのセットアップの方法も覚えておらず、そのあたりから調べていかないといけません。どうも、iPhoneとの同期もできるようになっているようで、実際にどんなかんじになるのか、調べてもいないのでアレですが、ちょっとこのあたりも楽しみな部分です。マイクロソフトアカウントが必要なのかどうかも、調べる必要がありそうですね。いちおう古いのですが、Mac版のマイクロソフトOfficeを持っていて、購入したときにマイクロソフトアカウントを作成したような気もしないではないのですが、よく覚えていないので、過去の手帳などを見て、確認しないといけません。あと、ワタシは、SurfaceRTも持っているので、そのときに作ったのかもしれません。

まったく使っていないATOKがありますので、これは使えそうです。Mac+Windowsのセットを買っておいてよかったなーと思っています。

ちょっとAmazonで探してみましたが、取扱がないようで、MacとWindowsのセットになっているものはジャストシステムのオンラインからしか購入できないのでしょうか?ワタシはずーっとATOKを使っており、MacOSのバージョンアップにより、Mac上でATOKの挙動がおかしくなると、MacとWindowsのセット商品を購入するということを繰り返していますが、妻もWindowsからMacに乗り換えてしまったため、Windows用のライセンスがもったいないなーと思っていたところでしたので、ちょうどいいかんじです。

今回購入したDELLのXPS13(9370)にはマカフィーのリセーブというセキュリティアプリがプリインストールされているのかバンドルされているのかわかりませんが、1年分のライセンスがついてくるので、ふだん使っているESETはそのままにして、使い勝手もちょっと見てみたいと思います。ダメならESETを入れて、マカフィーはもったいないですが、アンインストールします。ただ、チョット気になったのが、このリセーブというアプリ、ライセンスに台数制限がないようで、Windowsはもとより、MacやiPhoneにもインストールができるということのようで、iOSでブラフに引っ掛かったりするのに効果を発揮してくれるかもしれません。

マカフィーのリセーブはコレ↓↓


ふだん使っているESETはコレ↓↓


ちょっとおトク感はありますが、重たかったりすると、かえってやになってしまったりするので、このあたりはワタシの中でどう評価されるかというのも気になる部分ではあります。

いずれにせよ、メールがきたというだけなので、実際いつくるのか、まだよくわかりませんが、つぎはアンボックスの記事と使用感についても書ければ書いてみたいと思います。




ラベル:デル DELL XPS 4K
posted by ☆☆PIKO☆☆ at 19:00 | Comment(0) | コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする