2017年12月14日

夢散る|ヨドバシの夢のお年玉箱

12月11日(月)の夜7時前でしょうか?ずーっとアクセスができなかった、ヨドバシの夢のお年玉箱の当落の結果が、ついに出ました。






タイトル通りということで、ハズレました。






ワタシが注文というか、応募したのはリコーの360度カメラ「THETA」です。価格は税込15,000円でした。







コレ↓↓
落選.jpg








以前、このブログで書いたとおり、応募をするとキャンセルができないという状況のもので、THETAのどの世代のものが入っているのか、とても「夢」があったのですが、結果は落選ということで、当選されたほかの方のツイートやブログが楽しみです。








THETA SCだったら、ホントいいですよねー。






コレ↓↓


内蔵メモリーが8GB。
動画1回の記録の最大時間が5分。
1/2.3 CMOSセンサー搭載。
三脚のねじ穴も切ってあるので、三脚に載せられるのも嬉しいところですね。

スマホとの連携もできるようで、いろいろな使い方ができそうですね。






ハズレちゃったので、買おうかどうしようか考えています。以前も書きましたが、年末に乗鞍へ行く予定がありまして、そのときに使えるといいなーなんて思っていますが、この年末は、月が大きいタイミングです。








月齢↓↓
月齢.jpg
出典 [月齢カレンダー]http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm


年明けの1月2日がスーパームーンの満月ということで、月が昇ってくるタイミングもちょっと早めなので、星空撮影はちょっとムリかなーとは思っていますが、THETAを使って、ちょっと面白い写真が撮れるかなーなどと思ってもいます。








2017年12月13日(水)現在、Amazonだと、THETA SCのピンクが税込で22,540円。ビックカメラのホームページだと、税抜きで23,180円で2,503ポイント還元となっており、Amazonで購入したほうが割安ですね。ただ、ワタシの場合、文房具など、細かいものをけっこうビックカメラで買っていたりするので、ポイントがわりとたまっています。それを使うと、Amazonより、少し割安に購入することができそうなのと、ビックカメラも場合によってはいくらか負かることがあるので、これから行って話を聞いてこようかと思います。そもそもなんで、ヨドバシの夢のお年玉箱での注文なのに、ビックカメラなのかというと、ズバリ、このポイントがわりとたまっているので、それでちょっと相殺したいというのもありました。









ちょっと余計なものを買わないように気をつけないといけませんが、逆に必要なものは買わないといけないのだと思いますので、そのへんの話も伺えればと思っています。







あとはまあ、使い方とかですよねー。THETAってちょっと見たかんじですと、真ん中に大きなボタンがひとつあるだけで、あとは側面に電源とかのボダンでしょうか?いくつかあるだけで、これでどうカメラをコントロールするのか?アプリを用いてやるのか?など、不明点もいっぱいあるので、そのあたりはちょっと実機を触らせてもらって、理解を深めたいと思います。









まあ、妻がほしがっていたものなので、ちょっと早めのクリスマスプレゼントですが、買えれば買ってきたいと思います。









posted by ☆☆PIKO☆☆ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

【D7200】青の洞窟SHIBUYA

街はクリスマスイルミがキレイな季節になってきました。寒さは増しますが、イルミネーションが街を彩り、とてもキレイ。撮影のし甲斐もあります。









昨年に引きつづき、今年もニコンのD7200を持って、青の洞窟SHIBUYAに行ってきました。







青の洞窟SHIBUYAのメイン会場はNHKの渋谷放送センターのところで、原宿から代々木公園を突っ切って、歩いていくほうが、ふだん渋谷駅を使わないワタシには、わかりやすいのですが、今年も、迷子になりながら、渋谷駅から歩きました。







ワタシの備忘録として、そして、ワタシのような渋谷迷子組の方の参考になればと思い、渋谷駅から青の洞窟SHIBUYAの会場であるNHKのところまでのルートをちょっと、書いてみます。わかりづらかったらスミマセン。








まず、JRの渋谷駅をハチ公改札から出ます。TSUTAYAと109 Men’sの建物が見えると思います。大きい道なので、間違いないと思いますが、もし、TSUTAYAとマツモトキヨシの間の道を行ってしまったら、きた道を駅方向に戻ったほうがいいと思います。かなり迷子になりますね。








TSUTAYAと109 Men’sの間の道を歩いて行くと、西武渋谷店と渋谷マルイのあるT字路が出てきます。ここまでこられれば、OKです。西武渋谷店側の道にはすでに青いイルミネーションがついています。あとは、その青いイルミネーションに沿って歩いて行くだけです。








念のため申し上げると、渋谷駅を背にして、西武渋谷店のほうに曲がります。左折ですね。で、その道をずーっと歩いて行くと、渋谷区役所前という信号が出てきます。その、渋谷区役所前のところが、青の洞窟SHIBUYAのメイン会場となります。






駄文ですので、わかりづらかったらスミマセン。Google Mapでナビっても大丈夫ですので、そちらも併用されると、さらに、迷わずに到着できると思います。






グーグルマップはコチラ↓↓

マップ - ナビ、乗換案内

マップ - ナビ、乗換案内


開発元:Google, Inc.

無料


posted with アプリーチ














去年は土曜日に訪れましたが、今年は平日ということもあり、だいぶ混雑度が違いました。それでも、さすが、渋谷ですね。会場はやはりかなり混雑しており、三脚を立てる場所に不慮しました。








渋谷区役所前の信号機のところに人垣ができており、なにかと思うと、青の洞窟SHIBUYAの看板が設置されていました。さすがに、あの中で、三脚を出すのはためらわれますので、NHK側にあるケヤキの木のあたりに場所をとり、とりあえず撮影を開始しました。





今回はニコンのD7200に18-55oの標準ズームレンズをつけ、三脚はマンフロットのBefreeカーボンファイバーを用いました。






ニコンD7200はコレ↓↓


現行モデルはD7500ですが、あちらはボディがひとまわり小さくなったぶん、カードスロットがシングルになってしまっています。バッテリーグリップもつけられないようなので、ワタシはまだ、D7200もありかと思っています。






D7500はコレ↓↓







レンズはコレ↓↓


AF-P DX NIKKOR 18-55 f/3.5-5.6G VR。ステッピングモーターを採用した現行モデルです。

ワタシが使っているのは、ひとつ前の、AF-S DX NIKKOR 18-55 f/3.5-5.6G VRUというレンズですが、レンズ単体でコレを購入されるなら、現行モデルのほうがいいと思います。ワタシはまだ体験したことがありませんが、AFの合焦亜スピードが全然違うようです。ワタシはD5300をダブルズームキットで購入したため、キットレンズをそのまま使っているかんじですが、ボディとレンズを別々に購入されるなら、誤解を恐れずにいえば、DXのレンズはそんなに高くないので、18-300mmとかのレンズを一本購入されるといいと思います。




タムロンから18-400というレンズが出ているので、ニコンの純正にこだわらなければ、こういったものもありかと思います↓↓







三脚はマンフロットのBefreeカーボンファイバー↓↓


重さは1.1kg。携行用のステキな専用ケースがついてきます。耐荷重量は4kgということで、安心感があります。







ボディを触ることなく撮影ができるので、レリーズも持っていきました↓↓








青の洞窟SHIBUYAのサイン↓↓
青の洞窟SHIBUYAのサイン.jpg






ワタシの場合、夜景の撮影は低ISO感度、長時間露光での撮影となりますので、三脚は必須アイテムです。レリーズはなくても大丈夫ですが、あったほうが圧倒的にラクです。







ワタシの場合、設定はこんなかんじ。

1.マニュアルモード、マニュアルフォーカス、手ブレ補正オフ

2.ISO100、F11

3.シャッタースピードは露出計を見ながら±ゼロを基準に前後させる

ちょっと露出オーバー目でもいいかもしれません。こういうところで、露出の補正とかも使いこなせるといいのだと思いますが、そのレベルにまで達していません。





F値については、値を大きくすると、光芒がキレイに出たりしますので、撮りながら、いいところを決めていただけるといいと思います。ワタシは、ふだん8〜11くらいでやっていますが、もっと大きく絞ったりすることもありますので、液晶モニターを見ながら調整ですかね?





ピントはオートフォーカスである程度合わせて、その後微調整というかんじでしょうか?イルミネーションとかですと明るいので、オートフォーカスである程度合わせることができます。ただ、シャッター速度が遅くなりますので、オートフォーカスのままだと、ピントが動いてしまったりするので、必ず、マニュアルフォーカスに切り替えましょう。また、手ブレ補正機能が誤作動を起こす可能性もあるそうで、これも必ず切るようにしましょう。







ある程度設定ができたら、あとは、通行人に気をつけて、撮影するだけです。







コレ↓↓
青の洞窟01.jpg






真ん中らへんの川が流れているように見える部分は、石なのかなにか敷いてあるのか?その上を歩きましたが、ちょっとなんだったのか記憶していません。大理石とかではなく、敷物だったような気がしますが、よく覚えていません。もちろん水路とか水ではありません。







キレイですね↓↓
青の洞窟03.jpg







三脚を立てるのにちょっといい場所を発見しました。信号のところにある看板の裏側にはだれもいませんでしたので、そこに三脚を据えて撮影してみました↓↓
青の洞窟02.jpg









クロスフィルターを持ってきたので、ちょっと使ってみました↓↓
青の洞窟クロス.jpg






今回はケンコーのR-クロスを持っていきました↓↓









やっぱりちょっとうるさいですね。光芒はしっかりピントを合わせて、絞りでキレイに出すほうが、いいように思います。ただ、クロスフィルターも使い方次第なのだと思いますので、このへんは、うまく使いこなしたいと思います。








縦のアングルでも撮ってみました↓↓
青の洞窟縦.jpg







青の洞窟SHIBUYAは2017年11月22日(水)〜12月31日(日)まで開催されているそうです。点灯時間は17時〜22時までの間ということで、みなさまも渋谷にお越しの際は、ぜひ、足を運んでみてください。青いイルミネーションに包まれて、とても幻想的なかんじです。とても美しいので、オススメです。寒いですので、防寒対策をお忘れなく。





なお、青の洞窟SHIBUYAのホームページによれば、地方開催を検討されているようで、投票ボタンがついていましたので、みなさまの地域に青の洞窟を呼びたいという方は、ぜひ、投票してみてください。























posted by ☆☆PIKO☆☆ at 19:00| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

ヨドバシのお年玉箱を申し込んでみました

毎年話題になる、ヨドバシカメラの福袋、お年玉箱ですが、今年は、条件付きの抽選販売ということで、ちょっと申し込んでみました。




条件というのは、以下です↓↓
■2017年1月1日(日) 〜 11月30日(木)にお買い物いただいた下記のお客様
・ヨドバシ・ドット・コムで会員ログインをしてお買い物いただいたお客様。
・ポイント共通化済みでヨドバシカメラ店舗でお買い物いただいたお客様*。
■2017年11月30日(木)時点で「GOLD POINT CARD+」の会員の方

*ポイント共通化手続きをしていない方は、ポイント共通化手続きをしてくださいみたいなリンクが張られていました。

なお、予定個数に達しない商品については、一般のユーザーにもチャンスが巡ってくる、一般抽選になるようです。

ちなみにワタシは、クレジット機能のないふつうのGOLD POINT CARDを所有しており、なにかのタイミングで、ポイント共通化を行ったので、優先抽選の対象にはなっています。




今回、ワタシが選んだのはリコーの360度カメラ「THETA」。価格は15,000円(税込)でした。






コレとか↓↓







このTHETA、世代やバージョンもあるようで、ウィキペディアによれば、初代は2013年モデルのTHETAで製造終了。次が2014年に発売のTHETA m15。このモデルから動画が撮れるようになっているようですが、こちらも、製造終了。そして、2015年モデルのTHETA S。このモデルからセンサーが1/2.3型になり、6群7枚で構成されるF2のレンズを搭載し、スマートフォンなどとWi-Fi接続ができて、ライブビューに対応したモデルだそうですが、こちらも製造終了。で、2016年モデルでTHETA Sの廉価版、THETA SC、4K動画も撮影できる2017年モデルのTHETA Vの2機種が現行品のようです。







金額が金額なので、製造終了品の可能性もかなりありそうなかんじです。まあ、THETA Sより新しいモデルならいいなーと思いながら、申し込みをしてみたわけですが、お年玉箱抽選の仕様をキチンと読んでおらず、いったん申し込みをキャンセルしてみようと思い、ヨドバシ・ドット・コムのウェブサイトからキャンセルという項目を探してみたのですが、ちょっと見当たらなかったため、ウェブサイトに書いてある電話番号に電話をしたところ、抽選がはじまっちゃっているのでキャンセルはできないとのこと。











法律に詳しい友人に聞いてみると、通信販売に関しては、クーリングオフには当たらないということだったので、まあ、これはムリとして、申し込み行為を取り消せるかということについては、うーん?という話でした。一般的な商品の予約のキャンセルとはどこが違うのか、ちょっと難しいみたいです。まあ、抽選ということで、恣意的にシステムに介入することを避けるという意味での判断ということになるのでしょうか?もちろんこのタイミングでは、応募は受付中のタイミングで、お年玉箱のリンクを踏むと、ワタシが応募したTHETAが応募集であることを確認することができましたが、倍率が何倍とかいう記載を見ることはできませんでした。





ワタシの見落としかもしれませんが、特に、ヨドバシ・ドット・コムからメールがきているわけでもなく、当選した場合、メールがきて、リンクを踏んで購入手続きをしてくださいというだけで、どういうフローを踏むのかとか、落選した場合どうなるのかとか、別段の記載もなく、予約番号的なものもないので、どうやって、当落をどうやって確認するのかもよくわかりませんでした。







ワタシが抽選から離脱すれば、ほかのほしい方々の当選確率が高まるのではないかと思うのですが、ヨドバシはそれをどうやら認めていないようです。つまり、落選しなければ、購入しなければいけないということのようで、ちょっと困りました。福袋なので仕方のない話なのですが、どうせ買うなら、現行品がいいかなーなんて思うようになり、Amazonを見ていると、自撮り棒のセットとかもあって、こっちのほうがいいかなー?なんて思うようになりました。別にほしくないわけではないのですが、どの世代のTHETAがくるのかが非常に気になり、1万円くらい高くなるのですが、確実性を重視して、リスクをヘッジしてしまったほうがいいのではないかと考えたのですが、それがちょっとできないということで、当選発表の12月11日(月)まで、モヤモヤがつづきますね。パターンとしては、古いバージョンのTHETAが当たってしまい、結局新しいバージョンのTHETAも使い購入するというレンズ沼と同じ構図になるのではないかと危惧しているところです。






応募期間終了↓↓
お年玉箱.jpg







年末にというか今月末に、乗鞍へ行く予定があるので、できればそのタイミグでも使ってみたいという希望もあり、できればキャンセルしたかったのですが、2018年のお年玉箱についてはそれができないというのが答えだそうです。









まあ、あまり考えることもなく、申し込んじゃったワタシが悪いので、当たっちゃったら、それはそれで使っていくというふうに考えるしかないですねー。ワタシが確認したタイミングでは、競争倍率は9倍程度だったと記憶しており、イチガンガメラの夢の100倍とかと比べると、圧倒的に当たりやすいですねー。






抽選発表は12月11日(月)の午前11時00分からということで、まあ、どう転ぶか?当たったら当たったで嬉しい反面、どの世代のTHETAがくるのかも、ちょっと気になるところではあります。そんなわけで、ちょっとモヤモヤしながら、当選結果を待ちたいと思います。そして当たったならば、できれば、12月28日(木)の日に届いていくれると助かります。





ワタシは当たったつもりでいますが、競争倍率が9倍ということで、そんなにカンタンに行くとは思っていませんので、とりあえず発表までの間は、このモヤモヤな感覚がつづきますねー。





posted by ☆☆PIKO☆☆ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする